アダム・スミスの国富論を4つに要約して解説

国富論 経済
アダム・スミスって誰? 国富論って何が書いてあるの? 神の見えざる手? 経済学の本って難しくてわからないな…

こういった疑問に経済・経営研究科の著者が答えます。

結論

「経済学の父」と呼ばれるアダム・スミスは「人類の暮らしをいかに豊かにするか」が書かれた「国富論」を発表します。国富論に記載されている需要と供給は均衡するという「見えざる手」は有名です。

アダム・スミスは富を「国民の労働で生産される必需品と便益品」としています。
つまりモノをたくさん持っていることが豊かだと言っているのです。

彼はビジネスと産業は国家ではなく、個人や民間で管理されるべきと信じていました。
出典:オックスフォード英英辞典 adam-smith – Definition, pictures, pronunciation and usage notes | Oxford Advanced Learner’s Dictionary at OxfordLearnersDictionaries.com

本記事の内容

1.重商主義の原理について

国富論の重商主義の原理

アダム・スミス(1723~1790)の時代は、18世紀の産業革命により、対外貿易の主権を握っていたイギリスはヒト、モノ、金が大量に流通されていました。
その結果、イギリスは貨幣を蓄積して外貨を獲得します。この思想、政策を「重商主義」といいます。
18世紀以前は絶対王政により、貴族と市民の階級しかありませんでしたが、名誉革命以降「国王は君臨すれども統治せず」という伝統が生まれ、「重商主義」により「中産階級(ブルジョアジー)」と呼ばれる市民にお金が集まるようになります。
それに対して、「労働者階級(プロレタリアート)」と呼ばれる、自分の労働力を売って生活をしている市民にはお金が集まりません。
アダム・スミスは「重商主義は中産階級(ブルジョアジー)だけがお金を貯めこんで労働者階級(プロレタリアート)は一向に豊かにならんやんけ!」と重商主義を批判しました。

経済学という言葉が普及したのはアルフレッド・マーシャル(1842~1924)の時代なので、アダム・スミスは国富論を経済学ではなく、道徳の本として執筆しています。

2.生産性の改善

分業

アダム・スミスは「国民が豊かになるには生産性を上げなければならない、生産性を上げるには分業だ!」としました。
「分業」の始まりは原始時代までさかのぼります。今ではお金を払って物を買う事が普通だと思うのですが、原始時代は物と物を交換してました。
例えば狩りが苦手な人は弓や槍を作って、狩りの得意な人が獲った食料と交換してました。
それが「分業」の始まりです。実際に産業革命時は「分業」により生産性が上がりました。
物々交換はやがてその交換する物がもっと長持ちする物、例えば穀物、塩、貝殻等に変化します。
さらにそれが金属へと変化して現在の紙幣へと形を変えました。

アダム・スミスは金銭によって商品や労働の対価が設定され支払われることを「金銭価格」と呼びました。ちなみに「金銭価格」は地域によっても変わり、商人はこの差額で儲けていました。

3.分配される秩序

分配

アダム・スミスは「国民が豊かになるには生産物を適正価格で分配しないとダメだ!」としました。

商品の価格

商品には「使用価値」と「交換価値」があります。
「使用価値」とは人間の欲望をどれだけ満たせるかを表してします。
「交換価値」とはある使用価値を持つ商品と別の使用価値の持つ商品との交換比率を表しています。
例えば水は使用価値は高いけど交換価値は低く、ダイヤモンドは使用価値が低いけど交換価値は高いです。
アダム・スミスは「じゃあ、何によってその価値を決めているだろう」という疑問を持ちます。
そこで「物が欲しい時に本当に支払ってる物って労働じゃん?」って結論に至り、「交換価値の尺度は労働である」としました。

アダム・スミスは「どれだけ財を成しても、節約しなければ貯蓄できない」、「社会が豊かになるにはどれだけ他人の労働を支配・購入できるかどうか」といった現在にも当てはまることを200年以上も前に言っています。

見えざる手

「見えざる手」とは、重要と供給のバランスは自動で調整される(見えざる手によって勝手に調整される)ことをいいます。例えば商品の値段が高いと誰も買わないから価格が下がり、価格が安いとみんなが買うから価格が上がること。

需要供給曲線と価格高
需要供給曲線と価格安
「神の見えざる手」と呼ばれることもありますが、正しくは「見えざる手」です。

4.国富論の国家の役割

国家

アダム・スミスは国の役割を4つ言いました。
1つ目は「国防」、他国に責められないよう、または治安維持のためです。
2つ目は「司法」、不平等な社会が続くと暴動や略奪が起きるためです。
3つ目は「公共事業」、すべての公共事業を国民に委ねると大きな格差が発生すると主張します。
4つ目は「教育」、当時の悪い資本家は競争相手を潰すために「この工場の社長は賃金を搾取しているぞ!」といい、競争相手の従業員にデモや暴動を扇動しました。十分の教育を受けていなく、分業で単純作業ばかりしている「労働者階級(プロレタリアート)」はデモや暴動をしても自分らの職を失うだけということを理解できませんでした。

さらに経済について知りたい方は中国の電子マネーアプリが普及した3つの理由
マルクスの「資本論」を知りたい方はマルクスの資本論は5つに要約して解説

さらにMBAの知識について知りたい方はMBAの講義内容
さらにアダム・スミスの「国富論」について知りたい方は国富論(上) (講談社学術文庫)アダム・スミスの国富論を4つに要約して解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました