【最新】TikTokをバズらせる方法5選

【最新】TikTokをバズらせる方法5選 ビジネススキル
【最新】TikTokをバズらせる方法5選

「TikTokってどうやってバズらせるの? TikTokがバズりにくくなったって本当? TikTokerはどうやって投稿しているの?」

こういった疑問にフォロワー10,000人のTikToker&経営学修士(MBA)の著者が答えます。

結論

TikTokは年々バズりにくくなってきています。1,2年前までは美男美女が踊っているだけで、バズりました。しかし、最近ではフォロワー5万人規模の美男美女が踊っても1万再生もいかなくなっているのです。そんな中でも再生回数が30万回を超えるような投稿をしている私のバズらせ方を解説します。

筆者のTikTok

本記事の内容

TikTokをバズらせる方法5選

【最新】TikTokをバズらせる方法5選

TikTokをバズらせる方法には「1.最初の3秒をこだわる」、「2.見た目を変えてみる」、「3.CapCutで編集する」、「4.アンチコメントも必要」、「5.ブームにのる」があります。それぞれ解説します。

1.最初の3秒をこだわる

投稿がオススメに載っても、最初の3秒間にインパクトがないとすぐにフリックされてしまいます。なので、最初の3秒間にこの投稿がどういった投稿なのかわかりすく伝えましょう。例えば私は「語る系TikToker」なので、何を語るのかを3秒で声と字幕を使って伝えています。ちなみにタイトルに「ヤバい」とか「~してはいけない」など、強い言葉が入っていると、投稿が最後まで見られる確率がアップします。

2.見た目を変えてみる

多くの人気YoutuberやTikTokerは個性的な髪型やコスプレをしているように、Youtuber、TikTokerは見た目が大切です。今や投稿の質の高さがコモディティ化(どれも同じレベルで陳腐化)しているため、見た目の印象で覚えてもらうことが大切になっているのです。また笑顔も忘れてはいけません。スマホに向かって笑顔でしゃべりかけるのは誰しもが抵抗があると思います。しかし、多くのYoutuberが誘い笑いで明るい動画を作っているように、TikTokでも誘い笑いが視聴者の気分を明るくして、リピート率を上げることができます。

3.CapCutで編集する

CapCutさえあらば、ノイズキャンセルのようなハイエンドな機能以外、ほぼ全ての機能を使うことができます。例えば背景削除機能を使って自分が宇宙や海の中にいるような演出、かっこいい字幕の表示、
動画スピードの倍速機能など、どの機能もクオリティが高いです。さらにCapCutでは1度作成した投稿を保存することが可能なので、私はTikTokで投稿した内容をYoutubeのショート動画として投稿しています。
編集のポイントとしては、投稿が飽きられないためにできるだけ情報量は多く編集します。例えば、「いらすとや」のフリー素材を張り付けて視覚的な情報を増やしたり、速度を1.1倍速にしたり、字幕を飛びだすように表示します。

4.アンチコメントも必要

批判的なコメントが苦手な人はTikTokには向いていません。というのも、再生数を伸ばすにはある程度アンチコメントも必要になるからです。TikTokで再生数が増えるかどうかはイイネ数は全く関係なく、どれくらい人がその投稿に滞在したかが重要になります。つまり、コメントを書かれることはTikTokが再生されるには必要なのです。ちなみにTokTokで批判されても全く傷つかない方法があります。それはコスプレや加工を使って、自分とは全く違う自分を映すことです。そうすると自分ではなく、自分のアバターが批判されるような感覚になり、アンチコメントで傷つかなくなります。また自分の原形がわからないくらいのコスプレや加工は身バレを防ぐ効果もあります。

5.ブームにのる

流行っているBGM、踊り、ニュースを取り上げることで再生数を伸ばすことができます。特に誰かが炎上したことに対する投稿は、多くの人のヘイトをコメント欄に反映することができるので、再生回数が伸びます。また最近ではゲームのキャラクターになりきる無言配信が流行していているので、まだ何を投稿したらいいかわからない人は、とりあえずコスプレして10個くらいセリフを覚えてひたすら繰り返すとバスるかもしれません。

↓さらにTikTokについて知りたい方は↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました