テクノロジー・ライフサイクルとキャズムを解説

テクノロジー・ライフサイクルとキャズム 経営
「テクノロジー・ライフサイクルってどういう過程があるの? キャズムって何? 経営学ってなんだか難しそうだな…」

こういった疑問にMBA大学院生の著者が答えます。

結論

テクノロジー・ライフサイクルとはテクノロジーの市場浸透に関する理論です。キャズムはその詳細は本記事にて解説します。

本記事の内容

テクノロジー・ライフサイクルとは

テクノロジー・ライフサイクル

テクノロジー・ライフサイクルとはジェフリー・ムーアが著書「キャブズ Ver.2.0」にて提唱した、テクノロジーの市場浸透に関する理論です。
新しいテクノロジーは「1.イノベーター」、「2.アリー・アダプター」、「3.アーリー・マジョリティ」、「4.レイト・マジョリティ」、「5.ラガード」の順で浸透します。

1.イノベーター(革新者)

イノベーターとは新テクノロジーに飛びつく最初の2.5%であり、例えば初代iPhoneを発売日に購入した人がイノベーターに該当します。

2.アーリー・アダプター(先駆者)

アーリー・アダプターとはイノベーターの次に新テクノロジーに飛びつく13.5%の人で、例えば初代iPhoneが発売され数カ月経って購入した人はアーリー・アダプター。

3.アーリー・マジョリティ(現実主義者)

アーリー・マジョリティとはアーリー・アダプターの次に新テクノロジーに飛びつく34%の人で、例えばiPhone3GやiPhone4を購入した人はアーリー・マジョリティです。

4.レイト・マジョリティ(追従者)

レイト・マジョリティとはアーリー・マジョリティの次に新テクノロジーに飛びつく34%の人で、例えばiPhone5や6からスマホを購入した人はレイト・マジョリティです。

5.ラガード(頑固者)

ラガードとはレイト・マジョリティの次にシンテクノジーに飛ぶつく16%の人で、例えば、iPhone10からスマホを購入した人はラガードとなります。

キャズムとは

キャズムとはアーリー・アダプターとアーリー・マジョリティの間には大きな谷(キャブズ)です。新テクノロジーはこの大きな谷(キャブズ)に落ちるとこれ以上は浸透できません。なぜならアーリー・マジョリティはリスクを拒むからです。
この大きな谷(キャズム)を超えるにはホールプロダクトを用意したり、他のアーリー・マジョリティが購入する必要があります。
ホールプロダクトとは顧客が必要とするすべてのサービスや商品のことです。これがボトルネックとなって新テクノロジーが浸透しない可能性があります。例えば「iPhoneほしいけどsoftbankにしか売ってない」とか「iPhone欲しいけど、あんまり良いアプリがない」といった理由でアーリー・マジョリティは購入しない傾向にあります。よって販路を増やしたり、アプリを充実させてる事でホールプロダクトを増やす必要があります。
また他の アーリー・マジョリティが購入しないと購入しない傾向にあります。よってアーリーマジョリティのユーザーを積極的に取り込む必要あります。

キャズムの例

米ドキュメンタムは企業向けの文書管理システムを開発、販売しています。
米ドキュメンタムは75業界のシステムを開発しましたが、キャズムの直前で成長が止まりました。
そこで75業界を2業界まで絞り、経営資源(ヒト・モノ・カネ・チエ)をこの2業界に注力しました。
2業界の1つである製薬業界では新薬認可申請業務に多大な労力が必要で、申請書類だけで25万~50万ページあります。コストに換算すると1日1億円の費用が数カ月も続きます。
そこでドキュメンタムは新薬認可申請業務を専用システムをつくった結果、キャズムを一気に超えて製薬業界トップ40社中30社が採用されました。その後、米ドキュメンタムはは製造や金融業界にもシェアを広げていきました。

さらに経営学の知識について知りたい方はイノベーション|5種類のイノベーションを事例で解説
さらにMBAの知識について知りたい方はMBAの講義内容
さらにキャズムについて知りたい方はキャズム Ver.2 増補改訂版 新商品をブレイクさせる「超」マーケティング理論テクノロジー・ライフサイクルとキャズムを解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました