【体験談】6カ月の留学でTOEICは何点になるか

留学でTOEICは上がるのか 英語
学生「留学にいくとTOEICスコアはどれくらいあがるの? 全く話せないけど、行っても大丈夫? 短期間で上達する?」

こういった疑問をアメリカに留学経験のある筆者が留学期間別に答えます。

結論

TOEIC500以下、まったくしゃべれない状態で6カ月間アメリカ留学に行くと、TOEIC800以上、外資系企業で英語を使った仕事ができるレベルになる。ただし、最初はめちゃくちゃ苦労する。

本記事の内容

留学前

日本

2011年の9月初旬からから2012年の3月末まで約半年、アメリカのニューヨークとロサンゼルスへ留学へ行きました。
理系で英語に触れる機会もほとんど無かったので、TOEICスコアは400点くらいでした。

留学0~1カ月の英語力

ニューヨーク

日本人があまりいない語学学校の方が、英語の上達が早くなると聞いたので、学校はミューヨークの「KAPLAN Empire-state building」という学校へ行きました。滞在はホームステイです。

大学受験以来、全く英語を勉強してこなかった私を待ち受けていたのは猛烈なホームシックでした。

英語がしゃべれないから友達ができない→友達ができないから英語をしゃべる機会がないという負のスパイラルに陥りました。
この時期はかなり病んでましたが、英語の勉強を必死に頑張りました。

1日のスケジュールはこんな感じです。授業以外は完全に家に引きこもりです(笑)

平日と休日のルーティーン

2カ月目~3カ月目の英語力

ナイアガラの滝

この時期になるとカタコトで英語が話せるようになってきました。クラスメートとしゃべることで韓国人の友達がいっぱいできました。彼らは仲良くなるまでにはちょっと冷たいですが、仲良くなったらすごいフレンドリーで良いやつらでした。
すると私の1日のルーティーンにも変化が現れます。

平日のルーティーン

あんだけ引きこもってた生活とは真逆で、ほぼ毎晩パーティをしていました(笑)
英語がカタコトでしゃべれるようになってからは、ニューヨークのメトロポリタン美術館、近代美術館、自然史博物館、ナイアガラの滝等、色んなところへ行きました。

ナイアガラの滝は夏がベストシーズンです。
ニューヨークの夏はゴミのにおいで臭いです。

4カ月~6カ月の英語力

ハリウッド

ニューヨークからロサンゼルスに移動しました。
この頃になると、日常生活では全く困らないくらいの英語レベルになっているので、あんまり英語を学ぶ意欲はなかったです。ロサンゼルスでは日本人が多いので、結構日本人とつるんで日本語しゃべりまくってました…

ロスではハリウッドに行ったり、ラスベガスに行ったり、カリフォルニアロールを食べたり、完全に観光の延長になりました。

初めはあんなに苦痛だった留学も、帰国するころにはまだ帰りたくないと思うようになります。
皆さんは苦痛を味わないためにも事前に日常会話レベルまで英語を勉強しておく、もしくはロサンゼルス等の日本人の多い留学先へ行くことをおすすめします。

留学前の英語学習は圧倒的にオンライン英会話のレアジョブ英会話【体験談】6カ月の留学でTOEICは何点になるかがオススメです。
初心者からビジネスレベルまでOK! 2回無料なのでぜひ試してください!

留学でTOEICスコアはどれくらい上がったか

空港

帰国後、TOEIC試験を受けると780点でした。それからしばらくTOEICの対策をして再テストしたところ、835点まで上げりました

就活では英語力を買われ、アメリカ系外資メーカーのアプリケーションエンジニアとて採用されました。そこではインド人の上司の下で、世界中を相手にビジネスをしました。

TOEIC800以上とれば外資系でも高いほうなので、ぜひ留学してTOEICスコアアップを目指してみてください。

倒的に英会話を上達するにはレアジョブ英会話【体験談】6カ月の留学でTOEICは何点になるかがオススメです。
MBAの講義内容について知りたい方はMBAの講義内容

コメント

タイトルとURLをコピーしました