物理学者1のプレイボーイ|シュレーディンガーの生涯

物理学者1のプレイボーイ|シュレーディンガーの生涯 量子力学
物理学者1のプレイボーイ|シュレーディンガーの生涯

「シュレーディンガーって誰? シュレーディンガーの生涯を知りたい。 シュレーディンガーってどうしてノーベル賞を取ったの? 物理学って何だか難しそうだな…」

こういった疑問に物理学修士の筆者が答えます。

結論

エルヴィン・シュレーディンガー(1887~1961)は波動力学を提唱し、それがハイゼンベルグの行列力学と同等であることを証明してノーベル賞物理学賞を受賞しています。詳細は本記事にて解説します。

本記事の参考文献

本記事の内容

シュレーディンガーの生涯

シュレーディンガーの生涯

シュレーディンガーの生涯の若年期と全盛期をそれぞれ解説します。

若年期

「シュレーディンガーの猫」で有名なエルヴィン・シュレーディンガー(1887~1961)はウィーンの裕福な家庭の一人っ子として生まれます。
ガリ勉でもないのに、ギムナジウムでは常にクラスで一番でした。そして彼は順調に学問を修め、哲学研究を志したこともありましたが、誘電体の研究により物理学の学位を授与され、教授資格を得ます。
学者としての第一歩を歩み出そうとしたときに、 フェリチェという女性と婚約を交わすのですが、フェリチェの母親は「貴族でないシュレーディンガーは不釣り合い」と大反対にあい結局、結婚できませんでした。
シュレーディンガーは32歳のときに友人の紹介で知り合った23歳のアンネマリー・バーテル(通称:アニー)と結婚します。アニーとは、ほとんど高等教育を受けていない、知的関心の低い女性でしたが、シュレーディンガーにぞっこんで、家庭生活上は抜群の妻となりました。それどころかアニーは夫が性的パートナーとして自分への関心をなくすと、彼のために相手の女性探しました。結局「それぞれ他に性交渉をもつ相手を外で自由に見つけてもよい」ということで結婚の継続に合意したようです。アニーは更年期障害とうつ病から自殺を図り、入院したこともありましたが、その後亡くなるまで婚姻関係は続きました。

全盛期

物理学史上多くの理論物理学者は20代のうちに代表的な大発見をしています。例えばニュートンやアインシュタインも20代のうちに、1年くらいの短期間で万有引力や相対性理論などの革新的な理論を提唱していますが、40歳以後理論的な大発見をした人はほとんどいませんでした。シュレーディンガーもそのことで焦っていましたが、とあるクリスマス休暇で妻ではない恋人(愛人)とスキー休暇に出かけた際に、エロスの爆発によるインスピレーションを受け、シュレーディンガー方程式が生まれるきっかけとなりました。ここから彼の才能が驚異的に開花し、科学史上珍しい12ヵ月も続く創造的活動が始まるのです。
またシュレーディンガーが提唱した「波動力学」が、ハイゼンベルグによる「行列力学」と同等であることを英物理学者ポール・ディラックと共に証明し、この貢献から46歳の時にノーベル物理学を受賞しています。

シュレーディンガーは物理学者でしたが、その後、生物学にも手を出し、10万部以上のヒットセラー『生命とは何か』を出版します。この本がきっかけで後にDNAの二重らせん構造を発見したワトソンとクリ ックが生物学に興味を持ったのです。
シュレーディンガーが46歳のとき、シュレーディンガーの知り合いの物理学者の嫁ヒルデ・マーチと深い関係になり、ヒルデは彼の子を妊娠します。ちなみにその物理学者はシュレーディンガーを尊敬していたので、妻を彼と共有することを名誉に思っていました。結局、アニーとヒルデは週ごとに交代で家事を担当するなどのルールを作り、シュレーディンガーと子供の4人で同居生活を送りました。
シュレーディンガーはさらに社会学の修士論文を書きつつ、政治活動もする女優シェイラ・グリーンという人妻に手を出し、シェイラは妊娠します。60代半ばを過ぎたシュレーディンガーは26歳のケイト・ノーランを口説こうと「私が既婚男性だから恋人として愛せないのなら、父親と思って愛すればいいんだよ」と言い、彼女は妊娠しました。
シュレーディンガーはこれまで違う女性との間に3人の娘を授かっていますが、結局彼と娘たちが一緒に住むことは叶いませんでした。
ちなみになぜこんなにシュレーディンガーの色恋沙汰を語れるのかというと、かれが関係をもった女性を一覧にした情事リストを作っていたからなのです。彼は10代の少女から人妻までお構いなく関係を持っていました。「私とベッドを共にした女性が、私と暮らしたいと願わなかったことがない」というセリフを残しているように、彼がいかにプレイボーイかが
そんなプレイボーイのシュレーディンガーですが、73歳時に結核で亡くなります。

さらに科学者の生涯について知りたい方
↓高校生から社会人にオススメ↓

↓さらに量子力学を知りたい方はコチラ↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました