【簡単】内部留保とは|誰でも読める有価証券報告書

内部留保とは|誰でも読める有価証券報告書 会計

「内部留保って何? 内部留保ってどこに書いてるの? 内部留保を事例で知りたい。 日本企業はなぜ内部留保を溜めるの? 会計学って何だか難しそうだな…」

こういった疑問に会計学でMBAを取得した筆者が答えます。

結論

内部留保とは企業が蓄えた貯金のことで、有価証券報告書の「その他利益剰余金」やその中の「繰越利益剰余金」が内部留保に該当します。詳細は本記事にて解説します。

本記事の参考文献

本記事の内容

内部留保とは

内部留保とは

内部留保とは企業が蓄えた貯金のことで、有価証券報告書の貸借対照表に記載されている「その他利益剰余金」やその中の「繰越利益剰余金」が内部留保に該当します。下の表はトヨタ自動車株式会社の有価証券報告書の194ページを少しアレンジしたものです。

負債の部
流動負債  
支払手形 27
電子記録債務 286,691
買掛金 1,050,052
短期借入金 20,000
1年内返済予定の長期借入金 1,300,000
1年内償還予定の社債 103,033
未払金 426,073
未払法人税等 61,598
未払費用 546,696
預り金 821,626
製品保証引当金 888,288
役員賞与引当金 928
その他 197,183
流動負債合計 5,702,195
固定負債  
社債 1,058,905
退職給付引当金 360,279
その他 182,881
固定負債合計 1,602,065
負債合計 7,304,260
純資産の部
株主資本  
資本金 635,402
資本剰余金  
資本準備金 655,323
その他資本剰余金 20,978
資本剰余金合計 676,301
利益剰余金  
利益準備金 99,454
その他利益剰余金  
特別償却準備金 91
固定資産圧縮積立金 8,954
別途積立金 6,340,926
繰越利益剰余金 8,013,393
利益剰余金合計 14,462,819
自己株式 -3,168,492
株主資本合計 12,606,029
評価・換算差額等  
その他有価証券評価差額金 1,287,992
評価・換算差額等合計 1,287,992
純資産合計 13,894,021
負債純資産合計 21,198,281

この表には貸借対照表の負債の部と純資産の部が書かれています。貸借対照表とは負債の部、純資産の部、資産の部から構成されており、負債の部では銀行からどのくらい借金をしているのか、買掛金がどのくらいあるのかがわかりますまた純資産の部では株主からどのくらいのお金を調達できているのか、会社の内部留保をいくら貯めているのかがわかります。さらに資産の部ではどのくらい固定資産、現金、在庫といった資産があるのかがわかります。
本題戻ってトヨタ自動車の内部留保を確認します。トヨタ自動車場合、黄線部の「繰越利益剰余金」である8,013,393(百万円)が内部留保です。つまりトヨタは8兆円以上の貯金を貯めているのです。
トヨタ自動車場合、赤線部の「繰越利益剰余金」でしたが、内部留保は企業によって表記が違います。例えばその他利益剰余金と記載しているだけの企業もあれば、利益剰余金としか記載がない企業もあります。利益剰余金としか記載がない企業は利益剰余金から利益準備金を引いて、その他利益剰余金を計算しないといけません。ちなみに利益準備金とは会社法によって積み上げないといけないお金です。

なぜ日本企業は内部留保を貯めるのか

なぜ日本企業は内部留保を貯めるのか

日本企業は内部留保が多いため問題となっており「企業の内部留保に税金を課すべきだ」という政治家もいます。それではなぜ日本企業は内部留保を貯めるのかというと、デフレだからです。デフレとはお金の価値が年円上がっていく現象です。例えば去年は卵1パック200円だったのが、今年は卵1パック190円になっているとう現象がデフレなのです。デフレだと一般人も企業もお金を貯めておくと得をするのです。したがって経営者は設備や人材に投資をするくらいだったら貯金に回した方が合理的な判断となるのです。
お金持ちほどお金の価値が上げるデフレを好みます。またお金持ちほど政治献金やレントシーキング活動(自分の利益のために、政治家や行政にルールを変更させようとする活動)に積極的です。ここまで説明するとなぜデフレがなくならず、格差が拡がるのかがわかります。

財務表を読めるようになりたい方はコチラ
↓大学生や社会人にオススメ(初学者OK)↓

経済理論を知りたい方はコチラ
↓大学生や社会人にオススメ(初学者OK)↓

↓さらに会計学について知りたい方は↓

コメント