ミドルアップダウンとは|成功例3つの事例で解説

ミドルアップダウン 経営
「ミドルアップダウンって何? 中間管理職って何? ミドルアップダウンの成功例ってあるの? 経営学ってなんだか難しそうだな…」

こういった疑問にMBA大学院生の著者が答えます。

結論

ミドルアップダウンとは組織の命令が中間管理職から上と下の役職へ伝えらえる形式で、成功例としてはホンダの「トールボーイ」があります。詳細は本記事にて解説します。

本記事の参考文献

本記事の内容

ミドルアップダウンとは

ミドルアップダウンとは

ミドルアップダウンとは組織の命令が中間管理職から上と下の役職へ伝えらえる形式です。
ミドルアップダウンのメリットとして、現場をあまり知らない管理職や事情をよく知らない平社員が提案するより、現場と事情の両方を知っている中間管理職が軸となることで、会社の意向を現実的に現場に落とし込むことができます

中間管理職は課長やそれ相当の役職者を指します。課長は予算管理の責任を持つ管理職で最下位の役職であり、部下を評価することが認められている最下位の役職です。
欧米では「組織のヒエラルキーの中で昇進の望みもなく、つまらない仕事ばかりやらさている人」とされています。

ミドルアップダウンの成功例

ミドルアップダウンの成功例

ホンダ トールボーイ

1978年、シビックとアコードがありふれた車となった時代に、ホンダの経営者は「冒険しよう」というスローガンを掲げました。
中間管理職であった渡辺洋男氏は、現場での経験から、トップのスローガンから「クルマ進化論」という具体的な概念を作成し、若い新製品開発チームに打ち出しました。
開発チームは「クルマ進化論」というが概念をもとに、乗る人のスペースは十分確保し、道路を占有するスペースは小さくなる、「トールボーイ」という車を開発して、ヒット商品となりました

ヤマハ 光るギターEZシリーズ

2000年、中間管理職であった旭保彦氏は新コンセプト商品開発のミッションを受けました。それに対して、旭氏は「弦が光スイッチとなっていて、弾き方を教えてくれるギター」というコンセプトの試作品を完成させ、ラスベガスショーや玩具業界に発表しました。
社外では好評だったものの営業部門に「これはギターではないと」批判され、商品化に行き詰まります。
その後、旭氏はインターネットで、商品化するためのアイデアを募集しました。すると200のアイデアを得て、これをもとに部署内で設計を見直し商品化に漕ぎつけ、2年間で2万台を売り上げるヒット商品を作りました。
参考:PMStyle

カンジナビア航空(SAS)

ある米国人ビジネスは、空港に向かう途中でホテルに航空券を忘れたことに気がついた。しかし、空港でSASの空港券係に相談すると「ご心配いりません。登場カードと仮発行の航空券をお渡しします。ホテルの部屋番号を教えて下さい」彼が待合室で待っていると、なんと搭乗前に航空券が手元に届いた。実は、係員がホテルに電話して航空券を見つけ、リムジンを回してもってきてもらったのです。このように顧客の心を射止められる瞬間を真実の瞬間と呼びます。SASでは1年間で1000万人の乗客が、5人の従業員に平均15秒間接する。この年間に5000万回ある15秒間のやりとりが、SASにとっての真実の瞬間となるのです。
スカンジナビア航空ヤン・カールソン就任前は、対応は事務的で問題が起きるたびに現場従業員が上司に許可を得ており、貴重な15秒はムダになって赤字を垂れ流していました。カーソルソンは「真実の瞬間」に顧客へ好印象を残すため、現場に正しいこと行うよう奨励し、迅速な顧客対応ができるようにピラミッド型の組織構造にして、現場に意思決定をまかせるようにしました。しかし短期間では成果がでましたが、急ぐあまり中間管理職を無視していました。その結果、中間管理職は上層部からはそれまでと違う命令が来るし、下からは「意思決定権がほしい」と板挟みになり、次第に抵抗勢力になりましたそこでカーネルソンは中間管理職を「現場の管理」から「現場のサポート」に変え、現場業務サポートのために指導、情報伝達、教育を重視し、現場が必要なリソースを確保する権限と目標達成の全責任を与えました。責任と情報を与えられた中間管理職は秘めたパフォーマンスを発揮し、SASは復活したのです。

↓さらにミドルアップダウンについて知りたい方は↓

↓組織論について知りたい方は↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました