MBA大学院が経営学部や理系大学院と違うところ

しびたんのMBA修士論文とは|修士論文の内容を解説 MBAについて
MBA大学院が経営学部や理系大学院と違うところ

「MBA大学院って経営学部とどう違うの? MBA大学院って理系の大学院と違うの?」

こういった疑問に社会人MBA大学院生の筆者(しびたん)が回答します。

結論

MBA大学院は単位数や卒業までに必要な年数が経営学部と違います。詳細は本記事にて解説します。

本記事の内容

MBA大学院が経営学部や理系大学院と違うところ

MBA大学院が経営学部や理系大学院と違うところまず、MBA大学院が経営学部と違うところは以下です。

  • 単位数
  • 論文のクオリティ
  • 卒業までの年数
  • 生徒数
  • 社会人の割合

また、MBA大学院と理系大学院の違うところは以下です。

  • 論文の書き方
  • 講義の難しさ
  • 大学院に通う頻度

それぞれの詳細は以降に記載します。

MBA大学院と経営学部の違い

MBAは経営学修士で経営学部は経営学士になります。また修士は2年制であり、学士は4年制になります。そして修士と学士の大きく違うところは単位です。MBA大学院で修士を取ろうとすると、例えば私の通っている大学院では最低30単位+修士論文を書かないといけません。しかし経営学部を卒業しようとすると最低120単位をとって卒業論文は書く人と書かない人がいます。経営学部は1学年あたり30単位と大学院に比べて多く感じますが、大学院は単位の代わりに論文をしっかり書かないといけないのです経営学部の卒業論は「なぜあのラーメン店は流行っているのか」といった、少し稚拙な卒業論文でもOKですが、修士は主査と副査の審査を乗り越えて初めて修了できるのです。つまり修士は一種の資格のようなものなのです。したがって、修士は経営学部と違って単位は少ないけど、その分論文に十分な時間を使うのです。ちなみに学部の場合経営学論やマーケティング論といった科目名になりますが、修士の場合は経営学特論やマーケティング特論といったように「特」という漢字が科目名に入ります。これには特に意味はないようです。
修士の場合はどのような修士論文を書くかは入学する前からある程度決めておく必要があります。私は入学前には修士論文で何を書くかを決めておらず、結局研究室を決めないといけない1年生の秋学期までに研究室を決めあぐねて留年しました。なので、学部生ならどのゼミに入るかは2年生になってから決めればいいですが修士では事前に何を研究したいかなど入学前に決めておく必要があります。また経営学部とMBA修士では圧倒的に生徒数が違います。理系と違って文系は大学院に進学しない傾向にあります。私が理系の大学院時代は3割の生徒が大学院に進学していましたが、文系は3%以下の進学率です。なので、私の通っているMBA大学院ではほとんどの修士は社会人で夜間や土日に通っている人たちでした。特に税理士試験が免除になるので、税理士になりたい人が通っていました。

MBA大学院と理系大学院の違い

しびたんは理学修士(物理学)だったのですが、その時とMBA修士の違いを解説します。まず、修了に必要な単位数などは同じ30単位でした。しかし、単位を取る難しさは全然違いました。理学修士の場合は明らかに物理を4年間学部で勉強した人しか理解できない内容でしたが、経営学修士は経営学をまったくならったことない人でも理解できる内容でした、これは社会人経験を積んで誰しもが経営学の知識を自然と身に付けたという理由もあるのですが、授業内容自体が初学者でもわかる内容にアレンジされていました先ほども説明しましたが、MBAを目指す人のほとんどが社会人で、経営学部卒の人は半分もいません。なので経営学部卒じゃなくでも理解できるカリキュラムとなっているのです。
また修士論文の内容が理系とMBAでは大きく違いました。理系は実験した内容や結果を書きましたが、MBA大学院ではとにかく先行論文を呼んで引用して論文を書いていました。理系の大学院時代は他の論文を引用することがほとんどなかったので、MBA大学院の文献の引用数にはおどろきました。ちなみに私の理系の修士論文の引用は3件くらいでしたが、MBA大学院の修士論文の引用は20件にも及びました。また文系特有の文化なのですが、その引用が例えば第3版なら第2版や第1版も読んで確認するという文化があり、理系の私はそれをきいてパニックでした。
一番の理系大学院と文系大学院の違いといえば、先ほどの内容と重複しますが、理系は実験が多く、毎日大学に通わなくてもいけない、MBA大学院は全くか通わなくよく、先行研究や本を読んでいたらよかった点です。研究にテーマによっては人にアンケートを取って集計しないといけない論文をあるのですが、私のMBA大学院の修士論文は1人で完結できたため、ほとんどパソコンに向かい合っての修論作成でした。逆に理系の時は泊まり込んで大学で実験をしていたので、そこが大きく違うポイントでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました