企業変革力とは|変革の8段階のプロセスを事例で解説

企業変革力 経営
「企業変革力って何? 企業を変革するにはどうしたらいいの? 経営学ってなんだか難しそうだな…」

こういった疑問にMBA大学院生の著者が答えます。

結論

企業変革力とは組織改革のプロセスについて書かれた著書です。詳細は本記事にて解説します。

本記事の参考文献

本記事の内容

企業変革力とは

企業変革力とは

企業変革力とはハーバードビジネススクール教授ジョン・P・コッターが「組織改革を行うプロセス」について記された著書です。
組織が不祥事を起こしたり、業績が低迷したりすると、企業のトップが「全社で抜本的な改革に取り組んでまいります」という発言をしますが、組織はなかなか変わることができません
そこでコッターは「組織改革を行うプロセス」として「1.危機意識を高める」、「2.改革推進のためのチームを築く」、「3.ビジョンと戦略を生み出す」、「4.改革のためのビジョンを周知徹底する」、「5.従業員の自発を促す」、「6.短期的に成果を実現する」、「7.成果を活かし、さらなる改革を推進する」、「8.新しい方法を企業文化に定着させる」の8段階を述べました

本書の和訳では変革と記載されていますが、改革の方が用法として正しいです。

変革の8段階のプロセス

企業変革力とは|変革の8段階のプロセスを事例で解説

1.危機意識を高める

改革の原動力は「このままじゃダメだ」という強い危機感です。
「Too Big, too fail」という言葉があるように、大企業は不祥事を起こしたとしても潰れにくいです。
そのため、「どうせすぐ元に戻る」、「自分の責任とは関係ない」といった理由で社員も危機感を感じにくいです。
例えば「JAL」が経営破綻した時、JAL再生のために「京セラ」の稲盛和夫氏が起用されました。
稲盛氏はJALの幹部を見て、「いかにも官僚的で傲慢だ。本当に会社が潰れたという認識はあるのか」と述べたといいます。稲盛氏はJAL社員全員に危機意識を持たせて再建に成功しました。

2.改革推進のためのチームを築く

組織改革を行うのは1人のカリスマリーダーが行ったと思い勝ちですが、改革を起こすのは危機意識を共有し信頼しあうチームです。そのため、チームワークを乱すようなメンバーを選んではいけません

3.ビジョンと戦略を生み出す

コッターは「改革では人々を行動に駆り立てる魅力的なビジョンと戦略が必要だ」といいます。
JALも再生計画に基づき、大幅なコスト削減や資源の効率化を徹底することでV字回復を遂げました。

4.改革のためのビジョンを周知徹底する

改革のビジョンを全社員に周知させるため、「JALフィロソフィ」という企業理念を作成させました。
また機内ではCAが機内販売を積極的に行ったり、整備現場では部品1つ1つの単価を作業員に把握させることで、従業員全体で予算管理を意識させるようになりました。

5.従業員の自発を促す

JALではCAが機内ドリンクのフタにアンパンマンの絵を描くなど、顧客満足に努めました。
また経費削減のため、乗客数が少ない便では小型飛行機に切り替えました。

6.短期的に成果を実現する

JALは2010年3月期には1337億円の営業赤字だったのが、2012年3月期には2049億円の営業黒字になるまで回復しました。

7.成果を活かし、さらなる改革を推進する

ある程度の成果が出た時点で「改革は成功した」と早々に成功宣言すると、その時点で変革は途絶えてしまいます。

8.新しい方法を企業文化に定着させる

官僚的な組織文化だったJALも今は「アメーバ経営」という1人1人が予算管理を意識するようになりました。

↓さらに企業変革力について知りたい方は↓

↓さらに組織管理について知りたい方は↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました