【簡単】ケインズ理論を5つに要約して解説

ケインズ理論 経済
「ケインズって誰? 「雇用・利子および貨幣の一般論」って何が書いてあるの? 有効需要って? 経済学の本って難しくてわからないな…」

こういった疑問に経済・経営研究科の著者が答えます。

結論

ケインズは「雇用・利子および貨幣の一般論」を発表します。この理論をもとに1960年代のアメリカで経済政策を行ったところ、失業率が低下しました。詳細は本記事にて解説します。

ジョン・メイナード・ケインズ(1883-1946)
アイデアが現代の政治と経済に大きな影響を与えてきた英国の経済学者
オックスフォード英英辞典:john-maynard-keynes – Definition, pictures, pronunciation and usage notes | Oxford Advanced Learner’s Dictionary at OxfordLearnersDictionaries.com

本記事の内容

1.非自発的失業者

労働市場の需要と供給

1929年10月24日ニューヨーク証券所で株価が暴落して、世界恐慌が始まりました。
アメリカでは失業者が1000万人、イギリスでも100万人いました。
当時の古典派経済学では、上表の矢印のように賃金が高いから労働需要(求人数)に比べて労働供給(求職者数)が多いとしました。アダム・スミスの自由放任主義の理論では、自由放任に経済活動を行えば、次第に賃金水準と完全雇用に一致するという考えでしたが、長期に渡り、失業者数は改善しませんでした。
アダム・スミスについて知りたい方はアダム・スミスの国富論を4つに要約して解説

当時の古典派経済学の定義では失業者には自発的失業者(賃金が安いから働きたくない人)摩擦的失業者(求職中の人)の2種類しかなく、ケインズは失業者で溢れていたロンドンを見て、この古典派の理論がおかしいと思いました。
そこでケインズは非自発的失業者(働きたくても働けない人)はなぜ発生するのかを、「労働市場の需要と供給曲線」を下表のように書き換え、説明しました。どのように非自発的失業者を減らすかは事項以降で解説します。

ケインズの労働市場の需要と供給

2.有効需要

総需要/総供給曲線

ケインズ以前の古典派は「供給が需要を生み出す」と言っていましたが、ケインズは「需要が供給を生み出す」と言いました。なぜなら、社会全体の需要が物価を上がる→雇用量が増える→供給量が増えると考えたからです。
上表の総需要曲線とは雇用量に対する物価を表しており、総供給曲線とは「これくらいの人を雇うには、最低これくらいの価格設定にして商品を売らないといけない」ということを表しており、総需要曲線とは「これくらいの人が雇われているなら、これくらいの価格設定なら買うだろう」ということを表しています。これを「有効需要」と呼び、ケインズは有効需要が増えれば失業者も減らすことができると考えました。

3.乗数理論

乗数の公式

ケインズはGDPを乗数×投資であるとしました。そして、限界消費性向とは貯金が増えるとどれくらい使いたいかを表しています。
例えば毎月給料日前になると金欠になってる人は乗数が大きいですし、逆に趣味貯金の人は乗数が小さいです。
当時の金持ちは不況のため、お金を全然使いませんでした。ケインズはそれが不況の原因であり、お金を使えばGDPが高まり、給料が増え、結局貯金が増えると考えました。

4.流動性選好理論

利子率/お金の需要量と供給量

ケインズは「利子率とは流動性を手放す対価だ」としました。
つまり、「財布にお金があったらいつでも買い物できるけど、お金は増えない。逆にお金を債権で持ってたら、しばらくお金として使えなくなるけど、お金は増えるよね」ということです。
これを「流動性選好理論」といいます。
またケインズは企業が設備投資するかどうかは利子率によるとしました。例えば企業がお金を借りて設備投資します。その結果、設備投資で得た利益より、借金の利息の方が大きかったら赤字になってしまいます。しかし利息が低かったら、黒字になります。しかし、必ず黒字になるとも限りません。
そこで、資本の限界効率(企業の利益)>利子率+リスクであれば、企業は設備投資を行うとしています。

ケインズは表のように利子率は貨幣の供給量によるとし、「政府が公共事業を行う」と市場にお金が出回って、利子率が低くなり、企業が投資を行うようになるとしました。

実際は利子率と設備投資の関係はあまりないです。
詳細は【簡単】金融緩和に意味はあるのかを解説

5.積極的財政政策(ケインズ理論まとめ)

ケインズは失業率を下げる方法を以下のように述べています。
まず政府が公共事業を行うと利子率が下がる(利子率とお金の供給量の関係)→利子率が下がると投資が増える(流動性選好)→GDPが増える(乗数理論)→乗数が大きなる(乗数理論)→さらにGDP(乗数理論)が増える→所得が増える→需要が増える(有効需要)→雇用が増える(有効需要)→失業者がいなくなるというストーリを提唱しました。

ケインズは3大経済学者の一人として数えられています。
その他の3大経済学者の理論について知りたい方は

アダム・スミスの国富論を4つに要約して解説
マルクスの資本論を5つに要約して解説

その他のMBAの知識について知りたい方はMBAの講義内容
さらにケインズ理論について知りたい方は雇用・利子および貨幣の一般理論 (まんがで読破 MD134)【簡単】ケインズ理論を5つに要約して解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました