日本式経営と米国式経営を事例で解説

日本式経営と米国式経営 経営
「日本式経営って何? 米国式経営ってどんな特徴があるの? 日本式経営と米国式経営の違いって何? 経営学ってなんだか難しそうだな…」

こういった疑問にMBA学生の筆者が答えます。

結論

Japan as No.1として日本式経営は世界で注目されていましたが、1990年代から奪われた20年として、米国式経営が見直されてきました。詳細は本記事にて解説します。

本記事の内容

日本式経営とは

日本式経営

日本式経営とは経営学者ジェームズ・アベグレンが、戦後における日本企業の脅威的な成長の理由を研究して、提唱した経営システムです。主に「終身雇用」、「年功序列」、「企業内組合」があり、従業員が長期間に渡ってモチベーションを高く維持して、会社の収益向上に仕組みとされました。他にも顧客重視の経営戦略、間接金融という傾向があります。

TOYOTA、Panasonic、京セラなど、理念経営をしている会社は日本式経営の代表としてあげられます。
Japan as No.1として日本式経営は世界で注目されていましたが、1990年代から奪われた20年として、米国式経営が見直されてきました。IT企業の興隆により米国式経営の要素を取り入れる日本企業が増加しましたが、2008年のリーマンショックによる金融大不況にGMの破綻などから行き過ぎた米国式経営へが再度見直されました。その結果、スターバックスやグーグルといった日本式経営の要素を取り入れる米国企業が出てきました。

年功序列

年功序列であれば社員を育成させやすいといったメリットありますが、生産性を向上させにくいというデメリットもあります。

終身雇用

定年まで雇用が保証されれば、若い時に多少マイナス分の大きい働きをしてもいいと思えるので、企業に対するロイヤリティが高まります。

企業内組合

ジョブホッピングを前提としない企業別であったことで、労使交渉が企業内の働き方や労働環境といった次元の話になり、労使間の妥協が起きやすくなりました。

米国式経営とは

米国式経営

米国式経営は「雇用流動」、「能力別賃金」、「職能別組合」であり、メリットとデメリットは日本式経営の逆となります。他にもプロフィット重視の経営戦略、直接金融という傾向があります。リーマンショック以前、日本企業は低成長が続いたため、米国式経営を導入する傾向にありましたが、リーマンショックで米国式経営の脆弱さが露呈しました。

日本式や米国式経営を導入している企業

日本式経営と米国式経営

スターバックスは日本式経営を取り入れている米国企業です。例えば健康保険、ストップオプション、学費援助など、福利厚生の充実させています。逆にユニクロや楽天は米国式経営を取り入れた日本企業です。

さらに経営学の知識について知りたい方はブランドの資産価値(ブランド・エクイティ)を解説
MBAの知識について知りたい方はMBAの講義内容

コメント

タイトルとURLをコピーしました