【最新】Google Adsense審査に高確率で通る方法

【最新】Google Adsense審査に高確率で通る方法 その他

「Google Adsense審査ってどうやって合格するの? 有用性の低いコンテンツとは? 複数のポリシー違反って何が原因? Google Adsense審査に50回くらい落ちたんだけど…」

2022年6月13日にGoogle Adsense審査を合格した筆者が解説します。

結論

年々Google Adsenseの審査基準は厳しくなっており「画像はオリジナル」、「SNSボタンを消す」、「固定ページ」、「15記事以上書く」、「審査合格の裏技を使う」といったことをしないと初心者には合格が難しいです。詳細は本記事にて記載します。

本記事の内容

Google Adsense審査に高確率で通る方法

上写真のように筆者はGoogle Adsense審査に50回くらい落ちましたが、申請から2週間の審査期間を経た後、2022年6月13日に合格通知を受け取りました。筆者の方法を使うと高確率で合格できるので、是非実践してみて下さい。

1.画像はオリジナル

アイキャッチ画像、挿入画像、ヘッダーロゴは自分がカメラで撮ったもの、もしくは自分で絵を書いたものといったオリジナルを使いましょう。ちなみに筆者はTikTokのスクリーンショットを挿入画像として使いましたが、こちらもOKでした。

2.SNSボタンを消す

SNS(フォロー・シェア)ボタンはボタン間の距離が近いことや、リンク先のSNSが適切でない可能性があるため、不正な誘導として認識される場合があるので消しましょう。実際筆者が合格する前にずっと問題だったのが、このフォロワーボタンでした。SNSシェアボタンの消し方はCocoonの場合、上写真のように「Cocoon設定」→「SNSシェア」→「メインカラムトップシェアボタンを表示」からチェックボタンを外します。SNSフォローボタンの消し方はその隣の「SNSフォロー」→「本文下フォローボタンを表示する」からチェックボタンを外します。

3.固定ページ3つの設置

「プロフィール」、「お問い合わせ」、「プライバシーポリシー」の設置を必須です。「プロフィール」、「お問い合わせ」、「プライバシーポリシー」を固定ページで作ったら、Cocoonの「外観」→「メニュー」→「固定ページ」でブログのメニューからクリックできるようにします。詳細は以下です。

  • プロフィール…アイキャッチなしでOK、筆者が合格した際のプロフィールをそのまま載せているので、このフォーマットをそのまま載せるといいです。
  • お問い合わせ…アイキャッチなしでOK 、筆者はgoogle マイドライブの「Google フォーム」を設置しただけです。設置方法は「Googleのマイドライブ」→「新規」→「Googleフォーム(上写真参照)」→「お問い合わせフォームの設定」→「送信」→「リンク(上写真参照)」→「リンクをコピーして固定ページに張り付け」
  • プライバシーポリシー…アイキャッチなしでOK、プライバシーポリシーは筆者のプライバシーポリシーの丸々コピーでOK。

4.15記事でOK

記事数は5記事や10記事でOKのような記事もありますが、筆者が合格できたのは15記事でした。その他合格時の記事の特徴は以下です。

  • 文字数は1700~3000文字くらい。
  • ジャンルは経営、物理、TikTokなどバラバラ。
  • カテゴリーは使っていない。
  • また1記事あたりのpv数は1日0~30くらいのものでした。
  • 内部リンクは0。
  • 外部リンク(自分のブログから他のサイト)は貼っていましたが、リンク先サイトが不適切な可能性があるため、貼らないほうが無難です。
  • 外部リンク(他のサイトから自分のブログ)はTikTokのプロフィール欄から貼っていた。外部リンク(他のサイトから自分のブログ)を貼るのは問題なく、twitterでシェアするのも有効だとされています。
  • 目次は設定する。
  • 「All in one SEO」などは使わず、Cocoonに実装されている機能のみを使用。
  • サイトマップは全く使っていない。(セットアップしていない)
  • アフィリエイトリンクは貼らない。

5.裏技

「この記事に書いてあったことを全部したけど、有用性の低いコンテンツや複数のポリシー違反という理由で審査不合格だった…」←そういう人もいると思います。そんな人のため私が審査に50回落ちて修得した裏技を下サイトで紹介しています。これを実践すると高確率でGoogle Adsense審査を合格できます。Googleの仕様変更でこの裏技が使えなくなる可能性があるので、早めの実践をオススメします。

↓高確率で合格する裏技はコチラ↓

コメント