ダイナミック・ケイパビリティと3つの能力を解説

ダイナミック・ケイパビリティとは 経営
「ダイナミック・ケイパビリティって何? ダイナミック・ケイパビリティに必要な能力を事例で知りたい 経営学ってなんだか難しそうだな…」

こういった疑問にMBA学生の筆者が答えます。

結論

ダイナミック・ケイパビリティとはバーニーの経営資源の考え方を動的(ダイナミック)に組み直そうというものです。詳細は本記事にて解説します。
バーニーについて知りたい方は【簡単】VRIOとは|VRIO分析を事例4つで解説

本記事の内容

ダイナミック・ケイパビリティとは

ダイナミック・ケイパビリティとは

ダイナミック・ケイパビリティとはカリフォルニア大学バークレー校ハース・ビジネススクール教授デビット・J・ティースが提唱した理論で、バーニーの経営資源の考え方を動的(ダイナミック)に組み直そうというものです。
簡単に言うと、「経営資源(ヒト・モノ・カネ・チエ)」を時代に合わせて、その都度最適にしようという理論です。
ダイナミックケイパビリティは「1.感知する」、「2.捕捉する」、「3.変革する」といった3つの能力から成り立っています。

ティースは「1990年以降の日本経済の弱体化は、ダイナミック・ケイパビリティの弱さに起因する」と述べています。

ダイナミック・ケイパビリティ3つの能力(Appleの例)

ダイナミック・ケイパビリティ3つの能力

今ではGAFAの一角のエクセレントカンパニーとして扱われているAppleですが、1990年代は赤字経営でした。しかし、一度追放したジョブズを再度CEOに就任させて、2001年にiPodをリリースしてからは成績は上昇の一途をたどりました。Appleのダイナミック・ケイパビリティ3つの能力について解説します。

1.感知する

2000年初頭、当時はハードディスクを搭載したmp3プレイヤーが出始めていましたが、容量は小さく、あまり普及していなかったです。
そこでジョブズはSONYに共同開発を持ちかけましたが、交渉は決裂しました。
SONYはメモリースティック型のworkman(NW-MS7)を制作するという時代の逆を行きました。
それを見てジョブズは「SONYがmp3をやらないなら市場を独占できる」と思ったのです。

2.捕捉する

捕捉する能力とは、既存の経営資源を組み合わせて再利用する能力です。
ジョブズはAppleにあるコンピュータ(ハードディスク、メモリ、OS、アプリなど)の技術とmp3を加えて、音楽が聴ける小さなコンピュータを作れてないかと考えました。

3.変革する

変革する能力とは新しく組み合わせにより、新たな競争優位性を確立する能力です。
ジョブズは大容量でおしゃれなiPodという商品を発表しました。
今までは容量が小さかったmp3プレイヤーや外付けメモリを必要とするその他音楽プレイヤーと違い、より便利に音楽を聴けるようになりました。

ダイナミック・ケイパビリティ3つの能力(富士フィルムの例)

日本企業が低迷する中、富士フィルムは突発的な危機にも果敢に対応して、強みを組み替え、危機をチャンスに変えて成長した企業です。富士フィルムのダイナミック・ケイパビリティ3つの能力について解説します。

1.感知する

2000年、写真フィルム事業で利益を出していた富士フィルムですが、カメラはデジタルに置き換わりつつあり、写真市場の95%が消滅すると予測されました。

2.捕捉する

富士フィルムは自社の強みを洗いだし、写真に必要な微細粒子を扱うナノテクノロジーなど、コアな技術を洗い出しました。

3.変革する

富士フィルムはコア技術からアンチエイジング化粧品「アスタリフト」や液晶保護フィルムなどの高機能材料で事業展開し、企業成長しました。

さらに経営学について知りたい方はアメーバ経営とは|アメーバ経営の特徴3選
MBAの知識について知りたい方はMBAの講義内容
さらにダイナミック・ケイパビリティについて知りたい方はダイナミック・ケイパビリティ戦略ダイナミック・ケイパビリティと3つの能力を解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました