ANAが潰れない理由2選|JALと比較を解説

ANAが潰れない理由 会計
ANAが潰れない理由2選|JALと比較を解説

「なぜJALよりANAの方が経営的に危ない? ANAの倒産する可能性は? キャッシュバーンって何? 会計学ってなんだか難しそうだな…」

こういった疑問に経営学修士(MBA)の筆者が答えます。

結論

ANAが潰れない理由は「膨大な借金」と「公募増資」です。詳細は本記事にて解説します。

TikTokの1分解説

ANAが潰れない理由の1分解説

本記事の参考文献

本記事の内容

1.ANAの経営危機

ANAの経営危機

近年ANAHDは事業拡大のために積極投資を行い、有利子負債が2020年3月末時点で8,429億円ありました。そこにコロナ対応の借入金が上乗せされて、2020年9月末時点で有利子負債は1兆3155億円(JALは5,012億円)にまで膨張しました
また2021年3月期には財務の健全性を表す自己資本比率は2020年3月期の41.4%から2021年3月期の31.4%と急落しており、従業員に夏と冬のボーナスも支給しない予定です。(JALは夏の賞与として基本級の0.3カ月分と一律10万円の特別手当を支給する予定です。)

自己資本比率とは、企業の有価証券報告書などに記載されている貸借対照表の純資産/総資産で表される、財務の健全性を表す指標です。自己資本比率31.4%はまだ健全な経営の範囲ですが、借金がどんどん増えていく(純資産は変わらず、総資産が増えていく)と自己資本比率が下がっていき、銀行がお金を貸してくれなくなる危険性があります。

さらに2021年3月期で、ANAのキャッシュバーンは3,941億円、JALは2660億円となりました
キャッシュバーンとは営業活動で稼げずに流出するキャッシュ(営業キャッシュフローのマイナス額)と有利子負債の返済で消えるキャッシュ(財務キャッシュフローの有利子負債返済額)を足し合わせたもの。赤字企業が必然的に失うキャッシュの合計です。簡単にいうと、稼げない営業活動や借金の返済で失うお金です
なぜこんなにキャッシュを溶かしているのにANAHDは潰れないのでしょうか。

2.(潰れない理由1)金融機関からの膨大な借金

(潰れない理由1)金融機関からの膨大な借金

ANAはコロナ下が広まってから1年後、1兆円近い手元資金を確保しています。これはお金が湯水のように沸いたからではなく、金融機関からの大借金をしています。どんなに経営が不安定でも、お金を貸してくれる銀行があれば、会社は潰れないのです。しかし、借金の割合が多くなると(自己資本比率が小さくなると)銀行は「この会社にお金を貸しても返ってこないのでは?」と思うようになり、資金調達ができず、破綻する可能性があります

3.(潰れない理由2)公募増資

(潰れない理由1)公募増資

公募増資とは投資家を募集して、時価を基準にした価格で発行した新しい株を発行する、資金調達方法の1つです。
株を発行すると、自己資本比率が高まり、企業の安全性が増します。つまり銀行もお金を貸しやすくなるのです。ただし、公募増資はコストがかかるので、コロナ下のような緊急事態でもないと行うべきではないです。こうした「膨大な借金」と「公募増資」で、ANAは現在のような赤字か続いたとしても、計算上あと2年は潰れることはありません。ただ依然として、綱渡りの状況が続きます。

ちなみにANAは国から空港使用料の減免などを受けており、さらに企業が従業員に支払う休業手当を国が補助する雇用調整助成金は、上場企業最高額となる435億円も受給しています。

4.JALは大丈夫なのか?

JALは大丈夫か

ちなみにJALは10年前に財務破綻して、債権放棄や法人税減免などの公的資金を受けたり、大リストラを行ったりして、ANAHDより財務体質が強くなっていたため、ダメージが少なく済んでいるのです。

ANAやその他企業の会計分析はコチラ
↓大学生や社会人にオススメ(初学者OK)↓

↓さらに会計学について知りたい方は↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました